<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

■「seamless」セルフ・ライナーノーツ #04

最新作「seamless」に収録された楽曲に込めた想いや制作裏話を、僕自身が解説するセルフ・ライナーノーツの第4回。

※これまでのライナーノーツはコチラ
第1回「マジックアワー」第2回「Spotlight」第3回「イメージ」




#04 風のたより

『見終わって、晴れ晴れとした気持ちになる様な作品にすること。』

巨匠・黒澤明が、遺作「雨あがる」の脚本冒頭に書いた覚え書きだ。


昔、何気なくTSUTAYAで見かけた同作のパッケージに書かれていたこの一言に、衝撃を受けた。
「こんな曲が書きたい」という技術的な自己満足ばかりで、それを聴いた人に何を残したいか、という視点が自分には全く欠けているということを思い知らされたからだ。

作品の細部にまで異様な拘りを見せ、世界の黒澤と言われるまでになった彼でさえ、描いていたのは映画を見た後の観客の顔であったというのに、一介のシンガーソングライターがなんと傲慢なのかと。
当たり前のようなそのことが、衝撃的だった。


それ以来、曲を書く前には決まって「聴き終わって、○○な気持ちになる様な作品にすること」と書くことにしている。
なかなか思うようにはいかないけれど。




「風のたよりで聞いた話さ 君がもうすぐママになるって」


冒頭のこの一行が、この曲の情景をほぼ全て表している。


アルバムを作る際にはあちこちに散らばったモチーフ(=歌詞やメロディーのメモ)をかき集めるところから始めるが、この曲はこの部分だけがあやふやなメロディーに乗せられて、携帯のボイスメモに記録されていた。

このたった4小節を聞いて、完成させるのは今しかないと感じた。
メモを残した当時の自分が、何となく持っていながら形に出来なかったイメージを、今なら納得出来る形で曲に出来ると思った。



詞は、この一行が持つ世界を壊さないように、気を付けながら書いていった。

広げすぎないように、語りすぎないように。
決して利己的ではなく相手の幸せを願う気持ちと、そこまで想いが残るほどの人と、なぜ離れてしまったのかを、説明的にならないように、でもなんとなくの雰囲気だけにならないように。


「長い坂道を 上りきる少し前で 立ち止まり
君は言ったね ここからの景色が好きだって」



坂があれば上ることばかりで、それ以外の選択肢なんて無いと思ってた。



上ってばかりではきりが無いから、もうここら辺で立ち止まって別の素敵なことを探したい、そういう価値観だってあるはずなのに、それが分からなかったんだ。


好きなだけじゃダメなんだなんて、そんなことを歌っている歌を聴く度に「そんなのただの言い訳さ」って思ってきたけど、そんな気持ちも分かるようになったなんて、少しは大人になったということなんだろうか。



タイトルに沿って、ピアノは全編「風の流れ」をイメージしたアルペジオ奏法にした。
(ライブの時に、ずっと弾き続けながら歌うのは大変だろうなと思いつつ、実際やっぱりうまくいかない笑)


いわゆるPOPSの王道セオリーである「Aメロ〜Bメロ〜サビ」というような構成を敢えて無視して、先に書いた詞の流れを大事に曲を付けていく。

そういう曲は構成が単純な分、歌い手の歌唱力が無いと途中で飽きてしまう。
案の定、歌入れも難航。いつになったらテイク3で終わるようになることやら。

単純で簡単に思えることほど、実際にやるのは難しかったりするものだ。




引き合いに出すのも恐れ多いが、きっとあの巨匠だって、うまくいかないことがあるからこそ、ついつい目指すところを見失ってしまうことがあるからこそ、最初にあんな一言を走り書きしたはず、だ。


『聴き終わって、愛した人、愛された人と共にした時間を、さわやかに思い出す様な作品にすること』


そんな曲には、なっているだろうか。

comment
風のたより、聴きながら書かせて頂いてます^^
曲に対する思いを聞くとまた違った気持ちになりますね
少し切ない気持ちが描かれてるように感じましたけど、なんとなく温かい気持ちにもなります!
私は23歳で今年24歳になります
大人になれてるのかよくわかんないのですが、それぞれ結婚をする子達が増えてきてなんとなく気持ちがわかります
私はシングルマザーでまた感じ方が違うかもしれませんが、初恋とかを思い出しちゃいましたw
優しいメロディでビンコウさんの声にも癒されます^^
なかなかライブにもお邪魔できませんが、関西に来たときはまたこっそり見に行けたらと思います☆
  • ゆうこ
  • 2013/07/01 11:23 PM

この曲は初めて聞いたときからすごーく心に残っていて、セルフライナーノーツ楽しみに待ってました。
いい歳になってきて、いろんな人と出逢うことができて、大切に思ったり、大事にしてもらったり。そういう過去があって、今の自分がある。
結局別々の道を歩む結果になってしまったけれど、いつまでもお互いの幸せを願うことができるような関係でいられたら、素敵なことですよね。ちょっぴり切ないのだけれど…
  • お肉
  • 2013/07/02 1:28 AM

この曲を初めて聴く前に
ビンコウさんの話しが印象的で
歌い始めた時
すーっと入ってきました。

うんうん、好きって気持ちだけじゃ
うまくいかない事
あたしもよーやく分かってきました。
大人になりましたね(笑)

だけどこの歌の世界観のように
愛した記憶と愛された記憶を大切に
その人の幸せを心から
お互いに想い合えてたら
なんて素敵なんでしょうね☆″

あたしも想われてたら
いぃなぁなんて思ってみたり…☆

切ないようで
優しいメロディー、歌詞が
すごく心を穏やかにしてくれる歌で
すきです。
読んでから聴くのはやっぱりいぃですね♪
ありがとーうです(^^)




  • 恵み
  • 2013/07/02 7:45 AM

この曲を聴くと、優しいタッチの絵本を眺めているような感覚になります。草花が風にそよぐ、春の空気感みたいな。

切ない気持ちと爽やかな思い出。

そのバランスがとっても心地よいです。

奏法やら構成やら難しいことは分からないけれど、風のようにすーっと心に入ってくるビンコウさんの歌声と、せせらぐピアノの音に毎日優しい気持ちをもらっています♪

そしてちょっと過去を懐かしむ心の余裕も。

  • トモ☆
  • 2013/07/02 8:57 AM

いつも楽しくブログを読ませていただいてます。
今書かれている『セルフ・ライナーノーツ』は、読めば読むほど曲とリンクして『seamless』というアルバムに引き込まれます。

文章力、表現力が乏しい私がコメントをするのは本当に躊躇われたんですが、どうしても、こうして色んな曲に込められた想いや背景を露にされる事に感謝の気持ちを伝えたくて書かせていただいてます。

『風のたより』を聴いた時は昔に愛した人のことを思い出しました。
だけど、このセルフ・ライナーノーツを読み終わった時には、今を生きることに精一杯で見えてなかった、今も私の周りにいてくれるたくさんの大切な人たちの事を、大切に思う気持ちを改めて思い出すことができました。
そこまで飛躍してしまっては、ビンコウさんが聴き手に感じてほしい感情とは違ってしまってるかもしれないけれど…(涙)

あたたかい気持ちをくださるこの曲を、これからも大切に聴いていきます。
あたたかい優しい気持ちにさせていただいて、本当にありがとうございます。
  • aco
  • 2013/07/02 12:52 PM

>ゆうこさん

切ないようで温かい、まさにそんな情景を歌いました。
ありがとう!

こっそりとは言わず(笑)、また遊びに来て下さいね/


>お肉さん ←ぉぃw

いろいろあって、そんなのも全部ひっくるめて大事に想ってくれる人に出会えたら、何よりですよね。

セルフライナーも残すところあと2曲、ゆる〜くお楽しみに笑


>恵みさん

好きって気持ちだけじゃ駄目だけど、それ以外の全てがあっても好きがないと、やっぱり駄目で。
…あぁ、なんて大人(笑

すでに聴いてくれていて、さらに読んで聴いてみると、2度おいしい、でしょっ?w


>トモ☆さん

まさにそんなイメージでした◎
ちゃんと聴いてくれてるなぁ〜(涙)

過去を振り返るのは、今に対しての不満からじゃなく、心の余裕から、というのがいいですよね。


>acoさん

聴き手側には、こう感じてくれたらな、という気持ちがあるのはもちろんですが、リリースしたCDというのは文字通り僕の手を離れて、聴いた人の数だけストーリーがあって欲しいとも思ってます。

是非、色いろな思いを巡らせて聴いてみて下さいねー◎
  • ビンコウ
  • 2013/07/02 5:31 PM

私は地元に住み続けているので
久しぶりに地元の友達に会うと
冒頭のような事を耳にします。

めっちゃわかるーー!って思いました。

昔、好きだった人がパパに…
ちょっぴりさみしいけど、
幸せであって欲しいと思う。

ビンコウさんの優しい声とメロディで
スゥーと心に入ってくる。

ビンコウさんが最後に書かれているように
爽やかに昔を思い出してます。

そして、相手の幸せを願える自分で
いつづけたいなぁ…とも。

優しい気持ちにしてくれて
ありがとうございます♪

次も楽しみにしてますね♪
  • ゆかぴー
  • 2013/07/03 8:28 AM

このセルフライナーノーツを読むことで、曲に対するビンコウさんの、真面目で、誠実で、真剣な音楽への取り組み方を知り、良い試みだと思います。

ところが、私は、感覚人間で、直感で、好きか嫌いか、を決めてしまいます。
何年か前なら、心、つかまえられた曲で、懐かしく思うでしょう。
今の私は、坂道は上りきる事しか、考えてないんです。
残り時間は、短く、たとえ、上れなくても〜、
夏は、もう来ているもの。

  • 貴子
  • 2013/07/03 9:14 PM

初めて『風のたより』を聴いた時、空気に溶け込むような、流れるような音がとっても聴き心地よくて…”あ、この曲好きかも”って思ったのです。

何度も聴く度に思い出す事が沢山あるけれど、あの時あの人と出逢って、好きになって、離れて…。今でも想うことはある。…でもあの時があったから今の自分がいる…そう思えることができたとき、
心がスッキリしました。…私もそれなりに歳を重ねてるからなぁ(笑)

今なら『ありがとう』って言えます。

やさしい気持ちにさせてくれる『風のたより』大好きです。
  • てこ。
  • 2013/07/04 2:46 AM

*必須

*必須

   

itunes store 伊沢ビンコウ(@binkoh)のライブ

▼promotion







▼絶賛発売中!


ベストアルバム『SHIN KO KYU』
'15.01.28 RELEASE!

▼profile

▼twitter

▼latest entry

▼recent comment

▼categories

▼links

▼search

▼archives

▼mobile site

qrcode

▼others